チーズを犬や猫が食べる!?

犬や猫と暮らしていると、ご飯の時間も一緒に楽しみたいからと、ついつい人間の食べる物をおすそ分けしてしまうことがあります。
チーズを犬や猫に食べさせても大丈夫でしょうか?
答えは「やめておきましょう」です。

乳製品には乳糖という糖類(ラクトース)が含まれており、これを腸の中のラクターゼという酵素が分解して消化することができるのですが、犬や猫にはこのラクターゼという酵素がほとんどないのです。
消化酵素がないので、乳製品を食べてしまうとガスがたまったり、腹部膨満、下痢、嘔吐といった症状がでてくることがあります。
人間でも牛乳を飲むとお腹がごろごろする人もいれば、大丈夫な人もいるように、平気なわんちゃん、ねこちゃんもいますが、できれば腸に負担になる食品は与えない方がいいでしょうね。

乳製品の中でもチーズやヨーグルトは牛乳を「発酵」させて作る加工品です。
発酵の過程で乳糖が分解されるため、ミルクをそのまま飲むよりはいいのかもしれません。
腸内細菌のバランスを整えて、おなかの調子を良くしてくれるという効果も捨てがたく、豊富なカルシウムとたんぱく質も魅力です。

どうしてもチーズを食べさせたくなってしまうという方には、カッテージチーズをおすすめします。
カッテージは低カロリーで塩分も少なく、良質のたんぱく質とカルシウムを補給できます。
ビタミンAも豊富です。

しかしたくさん食べ過ぎるとやはりガスがたまったり、腹部膨満、下痢、嘔吐といった症状が出てしまうかもしれません。
与え過ぎに注意しましょう。
最近はいろんな種類のペットフードがあります。
犬にしても猫にしても個体差が大きく、一日に食べていいフードの量に気を使っている人も多いでしょう。

ペットの肥満や病気はもはや現代病といってもいいくらいです。
一日に摂取するペットフードの量については、ペットの種類や体重にあわせて目安となる量がペットフードの袋に書いてあります。
それらを参考にしながら、チーズはおやつやごほうびとして、少しの量をあげましょう。
大切な家族の一員ですから、楽しいおやつの時間でいつまでも元気で仲良く暮らしたいですね。