チーズを保存するときのポイント

チーズを作っている小屋の中では、たくさんのチーズの塊が部屋の中に何百と並べてあるのを見た事があるでしょう。
あれはもちろん常温でおいてありますが、腐ったりしないのでしょうか?カビや菌の発酵をうまく行う為にきちんと管理されてるので、大丈夫なのです。
ただし、販売店に売られるようになるとそれ以上発酵して味が変わらない様にするため、冷蔵庫で保存する事をお勧めします。

スーパーで買うものは食べやすい一口サイズで包んでありますが、専門店などでちょっと美味しそうなチーズを購入すると買いすぎてしまうことがあります。
最後まで 美味しい状態のまま食べきるためにも保存方法を覚えておきましょう。
もちろんチーズの種類によって保存の仕方は違います

保存は冷蔵庫が基本ですが、庫内が汚れていると雑菌がチーズの味を変えてしまったりするのできれいにしておきましょう。
まずは基本の保存方法を確認してみましょう。

<ポイント1>乾燥させないこと。
切り口はラップで包んで空気に触れない様にしましょう。
さらに密封容器に入れて、湿度の高い野菜室などに置いてください。

<ポイント2>冷凍してはいけません。
凍らせると、チーズの中の水分が凍って分離してしまうため解凍した時の舌触りがものすごく悪くなります。

<ポイント3>直射日光や高温になる場所には置かない事。
直射日光にあたってしまうと、脂質が溶け出してしまい、風味が格段落ちてしまいます。
5〜10度の冷暗所で湿度は80〜85%が理想です。

<ポイント4>柔らかいチーズはアルミで包みましょう
アルミで包んだ後、ラップで包むといいでしょう。

<ポイント5>強い匂いのものと一緒にしない。
まわりの匂いを吸収してしまうので、キムチやにんにくなど匂いの強いもののそばに保存してしまうと大変なことになってしまいます。

<ポイント6>切り口を濡れたままにしない。
冷蔵庫から出したチーズで切り口に汗をかいていたりすると、清潔な布でふいてからラップしましょう。

<ポイント7>ラップは3〜4日ごとに取り替えてください。
チーズから水分が出てきたりする事があります。
そのままにしておくと雑菌が繁殖してカビが生えてしまいます。